kazuo kawasaki's official blog

『絵手紙ではない、スケッチ程度で写実的な手紙の絵筆』





時間があれば、最近は手紙にスケッチを描いています。
いわゆる「絵手紙」ではないです。
手紙には、自分のスケッチを入れて、毛筆で簡単な挨拶を入れます。
これは、美大時代の故・米田先生がやっていた色紙の影響があります。
その際には、こうした絵筆を使っています。
ほとんどが、最も簡単なニュートンの絵筆だけです。
8色だけしか使っていません。
最近の絵筆は、7万円のモノもありますが、
一般的なニュートンの絵筆で、墨汁も十分に使えます。
もしくは、ほとんど携行用のパレットと絵筆でも十分です。
これまで、随分ニュートンのセットを買い集めていました。
やっと、とりあえず、自分で描けるのは、とってもいいなぁ・・なんです。
オブジェは、葉っぱや、ミカンや、紅葉などを、
これは写実的にを、ともかくこだわっています。
が、アイディアスッケッチ程度の2,3分で、と決めています。


tag: アイディアスッケッチ, オブジェ, スケッチ, セット, ニュートン, パレット, ミカン, 写実的, 墨汁, 影響, 手紙, 挨拶, 描く, 携行用, 毛筆, 程度, 米田先生, 紅葉, 絵手紙, 絵筆, 美大時代, 色紙, 葉っぱ, 7万円


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 金曜日, 3月 15th, 2019 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.