kazuo kawasaki's official blog

『C.I.もブランドも、その一般的知識が無い』





C.I.=コーポレート・アイデンティティと
Brand=ブランドについては、デザイン戦略の中で
商品から企業全体までの未来を描こうとしています。
ここしばらく行政ではブランドというキーワードがもてはやされ
デザインではなくて、
ブランドあるいはブランディングが一応に目立っています。
C.I.についての基礎知識がないばかりか、
同時にブランドも知識不足です。
はっきり言えば、企業存在は「どこの馬の骨か」、
「焼印」を由来とし、その成り立ちやテーマ、理念の社会的共有、
認知といった知識なのです。
C.I.でのE.H.エリクソンの8段階までのアイデンティティが不足しています。
企業生存率を考えたことがあるでしょうか。
私は、商品を手掛けるだけでなく、ベネフィットとプロフィットにおいて
商品ブランドはC.I.からをデザインします。
このところ、パソコンでは、カーニングどころか、
英文の曲線と直線までの知識不足がとても多いと感じています。
また起業した年月と、どこからスタートしたとかも、
表現されていませんから、その企業のC.I.とブランドの力が、
社会のなかで存在を発揮できていません。
美大の教育では、このレタリングは丸1年すべてがフリーハンドでした。
定規やカーブ定規も使わずに、手に覚えさせます。
「デザインストローク」で訓練して、
サンセリフ、セリフ、スクリプトは、得意分野に訓練で身につきました。
当然、今はコンピュータでの作業ですが、身についた感覚が
微妙なバランス力や視覚補正をして、
ぴったりくる美しいレタリングを実現できます。
結果、ワンヘヤーラインが描けるレタリング技能者が激減しています。

デザインストローク


tag: 8段階, brand, C.I., E.H.エリクソン, どこの馬の骨か, アイデンティティ, カーニング, カーブ定規, キーワード, コーポレート・アイデンティティ, サンセリフ, スクリプト, セリフ, デザインストローク, デザイン戦略, パソコン, フリーハンド, ブランディング, ブランド, プロフィット, ベネフィット, ランス, レタリング, ワンヘヤーライン, 不足, 企業全体, 企業存在, 企業生存率, 商品, 商品ブランド, 基礎知識, 定規, 得意分野, 微妙, 感覚, , 技能, 曲線, 未来, 激減, 直線, 知識不足, 英文, 行政, 視覚補正, 訓練


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 火曜日, 3月 19th, 2019 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.