kazuo kawasaki's official blog

『「造形言語」として工芸でのエンベリッシュ仕様の意図』





素材が金属である場合には性質として「塑性」と「展性」があります。
さらに、金属加工では「成形」・「切削」・「接合」が分類されます。
そして、金属加工には様々な加工方法=技が複雑化していくのです。
これは「鋳造」、鋳物という加工方法ですが、
金属の流体=金属の結晶を型から流し込み、成形します。
成形される以前に金属には接合される段階で、
素材に、デザイン意図が加わります。
それこそ「造形言語」で、デザイン意図をもって
新たな手法=技が、時代的にも加わるのです。
これは金沢美大・後輩の畠山耕治氏(現・教授)の工芸分野です。
彼は、世界各国で多くの個展を開催し評価を受けています。
私は、木工や陶磁器や、金属からプラスチックまで、
様々な素材対象にデザインしています。
それだけに鋳物という素材に、
新鮮なエンベリッシュを「造形言語」として作品をつくりだす
彼の技法は、新たな素材質感を変えていると私は魅了されています。


tag: エンベリッシュ, デザイン意図, プラスチック, 世界各国, 仕様, 作品, 個展, 分類, 切削, 加工方法, , 塑性, 展性, 工芸, 工芸分野, 後輩, 性質, 意図, 成形, 手法, , 接合, 教授, 新鮮, 時代的, 木工, 段階, 流し込み, 流体, 畠山耕治, 素材, 素材対象, 素材質感, 結晶, 複雑化, 評価, 造形言語, 金属, 金属加工, 金沢美大, 鋳物, 鋳造, 開催, 陶磁器, 魅了


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 日曜日, 4月 14th, 2019 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.