kazuo kawasaki's official blog

『「AurexのHi-Fiブランド」はやっぱり入手したのです』





私の東芝時代は、Aurexで次々と新作を出していました。
Aurexの終焉から20年も経ち、
AurexブランドでAM/FM・カセットテープ、
さらにCDをそのままUSBでパソコンといった
ハイレゾ対応CDラジオの新機種が登場しました。
東芝というよりも私はほとんどAurex専任でした。
東芝の部署配属希望で、第1希望 音響、第2希望 音響、
さらには、第3希望 音響と書いて提出した私です。
入社1年目に「Aurex」のロゴタイプを広告代理店を含めたコンペで、
私のデザインに決定してからというもの自体で私のブランドでした。
このブランドに心血を注いで製品デザインを手掛けました。
この写真のメタルカセットテープは、TDKですが、
実はこれはチーフのKさんのアイディアで、私が図面を引きました。
残念ながら東芝では採用されず、Kさんが「あれ、TDKに売ったよ」と
TDKの製品となることを私の入院中に聞かされました。
今やカセットテープは、40~50代だけではなく特に語学練習には
小学生にも当然のごとく、流行になっているという話です。
かっての私のデザインしたAurexゆえ、
どうしようかと迷っていましたが結局、これを入手しました。

メタルカセットテープ


tag: AM/FM, Aurex, Aurex専任, CD, Hi-Fi, Kさん, TDK, USB, アイディア, カセットテープ, コンペ, チーフ, ハイレゾ対応, パソコン, ブランド, メタルカセットテープ, ラジオ, ロゴタイプ, 入手, 入院中, 図面, 小学生, 希望, 広告代理店, 新作, 新機種, 東芝時代, 流行, 登場, 終焉, 自体, 製品, 製品デザイン, 語学練習, 迷う, 部署配属, 音響


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 木曜日, 4月 18th, 2019 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.