kazuo kawasaki's official blog

『鍛造からセンサーとインピーダンス回路に』





これまでの刃物・刀剣をデザインとして変えていきます。
鋳物ではありません、丸線1.0mm〜3.0mmが刃となり、
例えば、野菜や魚、肉などは切れますが、手や肉体は切れません。
これが、私のイメージです。
おそらくは、センサーとインピーダンス、それを可能にする回路だけです。
私は越前打刃物では、「タケフナイフビレッジ」を設立してきましたが、
鍛造から解放された、実装回路をズーッと考えてきました。
それこそ、伝統的な国産和紙の製造工程でも、
媒介物のトロロアオイは格段に減少し、
和紙産地で植物の栽培改良とともに、化学的な代替品が必要です。
現在の私のプロジェクトでも、新たな素材を、使用・所有から、
使用権+所有権に対して、「資本論」が見逃してきた
恒久的な交換価値を意識しています。
これらが、日本の伝統工芸を革新する産地での新産業になります。
鍛造の技を超えて、今後は実装回路の技法が大事になるでしょう。
無論、鍛造でも、新たな技法の獲得が望まれています。


tag: イメージ, インピーダンス, センサー, タケフ・ナイフビレッジ, トロロアオイ, 丸線, 交換価値, 代替, 使用, 使用権, 刀剣, , 刃物, 切れる, 利用権, 化学的, 和紙産地, 回路, 国産和紙, 媒介物, 実装回路, 所有, , , 技法, 新産業, 格段, 栽培改良, 植物, 減少, 獲得, , 肉体, 製造工程, 解放, 設立, 資本論, 越前打刃物, 野菜, 鋳物, 革新,


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 土曜日, 4月 27th, 2019 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.