kazuo kawasaki's official blog

『越前藩石高と越前和紙の「黒すかし」は使われている』





子供の頃の趣味のひとつに、「藩札」収集がありました。
多分、実家にはまだあるかも知れません。
さて、かって江戸時代「加賀100万石(119万石)」と言われた
加賀藩は、越前福井の隣国で「格外扱い」でした。
前田家は外様でしたが御三家に準ずる扱いで
富と文化を成していました。
実際、越前藩は越前松平家一門で90万石だった話は、
歴史の陰に隠れています。
そして、三岡八郎が藩札によって藩財政立て直し、
日本全国からも信頼を受けていました。
三岡八郎は後の由利公正であり、「五箇条のご誓文」をつくり、
東京府知事・第4代目となった経世家でした。
福井藩士から渡邊洪基も府知事・第9代目になっています。
福井藩札の紙の良さ、
つまり越前和紙の技術の高さは評判となりました。
越前和紙の技法に「黒すかし」がありましたが、
その技能は今やお札だけに用いられ、
財務省(元大蔵省)に取り上げてしまいましたので
製造は禁じられています。
越前和紙の技法はこれからも使われます。


tag: 90万石, お札, 三岡八郎, 五箇条のご誓文, 信頼, 全国, 前田家, 加賀100万石, 加賀藩, 収集, 外様, 大蔵省, 実家, , 府知事, 御三家, 技法, 技能, 技術, 文化, 東京府知事, 松平家, 格外扱い, 江戸時代, 由利公正, 立て直し, , 藩札, 藩財, 製造, 評判, 財務省, 越前和紙, 越前福井, 越前藩, 趣味, 黒すかし


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 金曜日, 5月 10th, 2019 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.