kazuo kawasaki's official blog

『車は凶器で問題解決のデザインでこそ制度設計が出来る』





令和になって、まだ生まれて2年だけの幼児が
巻き込まれた悲惨な交通事故でした。
報道番組では、この問題解決には、
何の対策も語られていませんでした。
どうやっても、自動車は凶器にもなってしまいます。
以前、私立大でのデザイン課題にこの種の問題解決が出され 、
人間と車の関係が論じられていました。
結局は、水タンク、道路の整備、自動車のハードウエア改善でした。
おそらく、この程度でしか対応がとれず、
保育士さんのこれまで培われた
ノウハウやシステムでの徹底保護でも無理でした。
日本は車優先の道路づくり=道に人間だけに車が進み、
欧米諸国との馬車と人間だけの歩行者への対策対応が遅れ、
道と車のデザイン解決が全くつながっていないのです。 
自動車が凶器である以上、「倫理観」だけでは解決しません。
大きな制度改革が必要です。
なんとしても、デザインが車と人間との関係調和に
全力で貢献できるよう交通被災者の一人として、
いつか、私の体験を書き、デザイナーとして望んでいます。


tag: システム, デザイン課題, ノウハウ, ハードウエア改善, 交通事故, 交通被災者, 人間, 令和, 体験, 保育士, 倫理観, 全力, 凶器, 制度改革, 問題解決, 報道番組, 対応, 対策, 対策対応, 幼児, 徹底保護, 必要, 悲惨, 歩行者, 水タンク, 無理, 生まれて2年, 私立大, 程度, 自動車, 貢献, , 遅れ, 道路の整備, 関係, 関係調和, 馬車


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 水曜日, 5月 15th, 2019 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.