kazuo kawasaki's official blog

『自然とは調和しない、でも「緑」はとても好き』





東京も意外と「緑」が多いです。
これは、大阪大学病院からあべのハルカスが見える遠景です。
阪大周縁には緑が多く、
私の自宅も大阪城周辺だから、緑が多いのです。
豊臣秀吉の城を再建するようですが、私に言わせれば、
地下ではなくて、徳川家康の城と並んだらと思っています。
自然豊かな街を眺めながらも、宮崎で起こった地震もあり
南海トラフの恐れ、
28メートルの津波予想も頭から離れません。
自然志向から材木で、たとえば癒やされるという感覚は私にはありません。
樹木の緑と木材や材木では、私の感覚は全く違うのです。
自然とは調和しない、という私には、
工業製品での材木風製品が、デザイン仕様が正確だと思っています。
デザイナーなら、緑と材木、この両方がデザイン知識でしょうから
自然、緑から多くを学べば、工業製品への提案に活かせます。
阪大のコンビニが、リニューアルし無機質なコンビニ空間から、
ナチュラルな木目調素材の什器及び空間デザインで、
患者はもちろん病院職員への「ハートフル」をテーマにした
私には、見せかけの空間が演出されていました。


tag: 28メートル, あべのハルカス, コンビニ, コンビニ空間, デザイン仕様, デザイン知識, ナチュラル, ハートフル, リニューアル, 再建, 南海トラフ, 周縁, 地下, 地震, , 大阪大学病院, 宮崎, 工業製品, 徳川家康, 患者, 感覚, 提案, 木材, 木目調素材, 材木風, 樹木, 正確, 津波予想, 演出, 無機質, 癒やされる, 空間, , 自然, 調和, 豊かな街, 豊臣秀吉, 遠景


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 土曜日, 5月 18th, 2019 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.