kazuo kawasaki's official blog

『曼荼羅とCPUは3×3の思考形態が同一である』





CPU=Central Prosessor Unitはコンピュータの思考回路です。
曼荼羅は、そのCPUの機能実装の図解だと解釈しています。
この写真は、左には金剛界曼荼羅、
右に思考し実行を図るための曼荼羅チャートです。
3×3の思考のチャートをリフィル化して手帳に入れています。
なぜ、CPUと密教界の曼荼羅を組み合わせているのか、
私にとっては常に思考を実現化する
論理化するテーマとしてあるのですが
今になっても不明でその解答は分かっていません。
私の作品「DNA MANDARA」という曼荼羅から
DNAの二重螺旋が浮かび上がる仏壇や
Mind Top (Apple社提案)など、
3×3の9体、仏像を「涅槃金剛界厨子」で、
その思考をかたちにしたこともあります。
おそらくMacアプリケーションでも初期からあります。
発想から思考へ、論理化して実行へと誘ってくれます。
それは、祈りから悟りへ、そして思考の浄化へと
自分自身を導く曼荼羅の世界観なのです。


tag: 3×3, Apple社, Central Prosessor Unit, CPU, DNA, DNA MANDARA, Macアプリケーション, Mind Top, かたち, コンピュータ, チャート, テーマ, フィル, 不明, 世界観, 二重螺旋, 仏壇, 初期, 図解, 実現, 思考, 悟り, 手帳, 曼荼羅, 曼荼羅チャート, 機能実装, 浄化, 涅槃金剛界厨子, 発想, 祈り, 解答, 解釈, 論理化, 金剛界曼荼羅


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 水曜日, 5月 22nd, 2019 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.