kazuo kawasaki's official blog

「70歳、JIDA永年会員証をもらいました」





70歳になって、JIDA(日本インダストリアルデザイナーズ協会)から、
「永年会員証」を受け取りました。
JIDAはICSID=国際インダストリアルデザイナーズ協会の日本支部です。
ICSIDのエクセレントアワードは
故・栄久庵憲司氏に続いて私が2人目の受賞者でした。
凄く立派な彫刻をいただきました。
JIDAには、文芸美術国民健康保険証があり、
フリーランスのデザイナーには役立ちました。
ところが福井県で使ったら「このようなものはない」と言われました。
後に、中部JIDAから北陸JIDAを立ち上げる際には、
私も若かったから随分中部JIDAと一応喧嘩をしました。
しかし、いわゆる工業デザイナーが全て会員となっているわけではなく、
団体として役割があるのに活動に物足りなさを感じることがあります。
最も、中には「除名」を受けた者が大学人としているのはおかしいです。
今、本当に重要な国際的存在や大学人が牽引してほしいです。
それこそ日本がデザイン界でトップになるべく、その「役割」があります。
そういう役割を期待しています。
「理事乞食」などいらないのです。
若さや経験の人や、ともかく英語が出来る人,
選挙などは要りません。
また、工業デザイナーの今の資格制度なども全く駄目です。
70歳だからこそ私は言わなければならない経験と立場があります。
見届け、恩返しし、後継者たちがその潮流を作ることを願っています。
最近は米国のDesign Thinkingを「デザイン思考」と言ってデザインを
語ることには納得がいきません。
その根幹の「思考」すらきちんと論じている著作はありません。
私は「Consilience Design」を提唱しています。


tag: 70歳, Consilience Design, Design Thinking, ICSID, JIDA, おかしい, エクセレントアワード, デザイン思考, デザイン界, フリーランス, 中部JIDA, 北陸JIDA, 受賞者, 喧嘩, 団体, 国際インダストリアルデザイナーズ協会, 国際的存在, 大学人, 工業デザイナー, 彫刻, 役割, 後継者, 恩返し, 提唱, 文芸美術国民健康保険証, 日本インダストリアルデザイナーズ協会, 日本支部, 栄久庵憲司, 根幹, 永年会員証, 潮流, 牽引, 理事乞食, 福井県, 立場, 納得, 経験, 若かった, 若さ, 英語, 見届け, 資格制度, 選挙, 除名, 駄目


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 金曜日, 6月 28th, 2019 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.