kazuo kawasaki's official blog

『GS=グループサウンズにはザ・ジャガーズでした』





GSといえば、ザ・タイガースを思い出します。
大阪の難波にあったジャズ喫茶「ナンバ一番」に入ったところ、
生の歌声を聞きました、浪人時代でした。
そこには、浪人である私たち3人と、あと観客は3人だけ。
6人の観客相手に、圧巻のステージで上手くて「凄いな!!」でした。
しばらくして、タイガースがテレビに登場してきました。
それこそ、GS=グループサウンズでズーッと一番人気でした。
ところが、私にとってはそのうちザ・ジャガーズへと気持ちが移り
こちらが最高のメンバーだと、よく音楽を聴いていました。
最近はYouTubeで確かめられることが多いので、
リードボーカルの岡本信の歌声を再び聴いています。
残念なことに、10年前に彼は旅立っていました。
いつまでも、青春時代の彼の音楽を聴ける現代の環境は嬉しいです。
当時はいわゆる流行歌手はやはり歌唱力がありました。
AurexのCDやカセットで、これらを聴いています。
今では誰も覚えていない安達明もCDで聴きます。
ただし私のスピーカーシステムでは、
GSは絶対に聴かないことにしています。


tag: Aurex, CD, GS, youtube, カセット, グループサウンズ, ザ・ジャガーズ, ザ・タイガース, ジャズ喫茶, ステージ, スピーカーシステム, タイガース, テレビ, ナンバ一番, メンバー, リードボーカル, 一番, 人気, 凄い, 圧巻, 安達明, 岡本信, 旅立, 歌唱力, 歌声, 残念, 流行歌手, 浪人, 環境, , 登場, 聴かない, 観客, 観客相手, 難波, 青春時代, 音楽


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 土曜日, 7月 6th, 2019 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.