kazuo kawasaki's official blog

『365日の「日記帳」をつけようと考えている』





この日記帳は、大御所のグラッフィックデザイナー松永真氏の
アイデアでした。
1日見開き1頁で左が真っ白、右が罫線で、
半年で1冊つまり1年は前後半の2冊という仕様です。
スケッチや絵と文字書き両方満たすこの日記帳は、
多くのデザイン関係者が愛用していました。
私も送っていただき愛用していました。
162日間入院している時も、それは『プラトンのオルゴール』など、
その当時のアイデアを書き込んでいました。
やがてメーカーが製造をやめました。
私自身は毎年、スケジュール帳や新たな手帳をちゃんと持ちます。
しかし、紙面に「書く」よりも、
このブログもそうですがデジタルで「書く」が
大半を占めていました。
あらためて最近「私は終活は止めた」とブログで綴りました。
そしてM805・ブルーデューンでペリカンを買い求めました。
その流れで当然「書く」ための紙やノートを色々確かめていたら、
日記帳365を見つけました。
昔からノート類は綺麗な文字で書いていました。
美大時代には、数学の先生から私の授業ノートを「くれないか」と
言われましたほどです。
日記帳365は、その1頁目をいつからはじめてもいいと書いてありました。
1/365を自分で決めることができます。
父はじめ妹もきっちりと日記をつけていました。
また、いつか止めるかも知れませんが、
「よし、今度こそ」って思っています。


tag: 162日, 365日, M805, アイデア, グラッフィックデザイナー, スケジュール帳, スケッチ, デザイン関係者, デジタル, ノート, ブログ, プラトンのオルゴール, ペリカン, メーカー, 両方, 今度こそ, 仕様, 入院, 前後半, 大御所, , 愛用, 手帳, 授業ノート, 数学, 文字書き, 日記帳, 日記帳365, 書き込, 書く, 松永真, 止める, 毎年, , 真っ白, 紙面, 終活, , 綴り, 罫線, 美大時代, 製造, 2冊


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 日曜日, 7月 7th, 2019 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.