kazuo kawasaki's official blog

『BMPという骨粗しょう症の骨密度を高める』





いずれ私は、骨粗しょう症が増えてくると考えてきました。
程度の差はあれど、誰にでも起こりえます。
骨粗しょう症は、生理的老化ではなく病的老化でおこる疾患です。
昨年は、Sリハビリテーション病院で、骨折をしました。
それこそ、車椅子使用者に対して介護職専門家の移乗介助の認識不足に、
私ゆえに相当文句を言いました。
彼らの介助によって、入院初日に骨折しました。
この病院の理事長が、「クリエーターとともに」で講演とは?、
とてもこのクリエーターも勉強不足、頭が相当悪いのです。
その後、車椅子の組立不良による転倒で2回目、
先月の事故で3回目の骨折です。
車椅子生活者の骨密度低下は当然で、予防と対策が必要です。
そこで、牛乳や母乳に含まれるタンパク質性分、
乳塩基性タンパク質=MBPを
追いかけていたのですが、それを含む食品が出てきました。
ビタミンD1との併用で、骨密度を確かにアップする評価など期待できます。
私は骨粗しょう症の治療として、注射や錠剤やゼリーの薬剤選択を
基本的な情報から副作用まで確認して決めました。
合わせてMBPの食品を補足し、定期的に判断しようと考えています。
そもそも車椅子のまま簡易に計測した骨密度計測機器は
私には直感的に絶対に違う、正確ではないと思いました。
整形外科は、未だに40肩すら直せない、遅れた医療分野だと思っています。
骨折のギブス等の3Dプリンタ技術や、
超音波治療が一般的処置対応にはまだなっていません。
先般の急ブレーキ事故で、3回目の骨折をしましたが、
骨密度を上げていくために、MBPによって、
即効性やリスクは回避して大きな期待をしているのです。


tag: 3Dプリンタ, 40肩, MBP, Sリハビリ, ギブス, クリエーター, タンパク質, ビタミンD1, リスク, 一般的処置, 乳塩基性タンパク質, 予防, 事故, 介助, 介護職専門家, 副作用, 勉強不足, 医療分野, 即効, 回避, 対策, 急ブレーキ事故, 整形外科, 期待, 正確, 母乳, 牛乳, 理事長, 生理的老化, 疾患, 病的老化, 病院, 直感, 相当, 相当文句, 移乗介助, 組立不良, 評価, 認識不足, , 講演, 超音波治療, 車椅子使用者, 転倒, 遅れ, 骨密度, 骨密度低下, 骨密度計測機器, 骨折, 骨粗しょう症


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 土曜日, 7月 13th, 2019 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.