kazuo kawasaki's official blog

『青春は東京で、この秋には久しぶりに商品発表をします』





1980年12月8日、東京での私の青春は終わったのです。
ジョン・レノンが暗殺された日でした。
当時は、赤坂でデザイン事務所をやっていました。
父から福井に帰って来なさい{青春が終わった」と言われました。
大きなクライアントは「ナガオカ」であり、
新たな商品デザインを手掛けていました。
「ジュエルトーン」での商品アイテムを任されていました。
その「ナガオカ」は来年創立80年になります。
今でも私が当時デザインしたカートリッジが現行商品であり、
山形県東根市の「ふるさと納税 返礼品」になっています。
あれほど徹底的にこだわったカートリッジ仕様と
それもボロン素材はすでに世界的にもありません。
今年は5月の連休と今回の「お盆」休暇がありました。
自宅からは、大阪での花火大会がよーく見えます。
今は鑑賞したり相変わらずYouTubeで、特に、最も得意だった微分積分、
拳銃の歴史性、狩猟と解体、Do It Yourself などを堪能しました。
そして9月に入ったら久々の商品発表会これには「新たな提案」をします。
2020年創業70年を迎えるメーカーから新製品=新素材を出します。
そのメーカーのC.I.は70周年で、私がその全てをやっています。


tag: 1980年12月8日, 2020年, C.I., Do It Yourself, youtube, お盆, カートリッジ, クライアント, ジュエルトーン, ジョン・レノン, デザイン事務所, ナガオカ, ボロン素材, 休暇, 全て, 創業70年, 創立80年, 商品アイテム, 商品デザイン, 商品発表会, 微分積分, 拳銃, 新素材, 新製品, 狩猟, 福井, 自宅, 花火大会, 解体, 赤坂, 連休, 青春


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 火曜日, 8月 20th, 2019 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.