kazuo kawasaki's official blog

『インテリア・ドメインとインテリア・フェーズを提唱』





『モードの体系』は必読本だと考えます。
建築家とデザイナーにとって、消費社会の構造解読につながります。
もっとも、芸術系大学の入試問題で扱うべきと言える必読本です。
そしてこれを基本として「インテリアの体系」を創っていきます。
教育を通して、建築もデザインも訓練していけば、
デザインの職能家としての基礎が出来上がるでしょう。
消費社会では、廉価商品と高額商品の軸すら動いています。
廉価商品はいつまで経っても一定数では増えていきます。
そして、これからの家具、椅子、ソファー、デスクなどが
デンマークの海藻類が畳のように、
また、ドイツでは3種類の経年変化が無い
そんなウレタンフォームが発明されてきています。
おそらく、日本では江戸時代や明治維新、高度経済成長期で、
廉価品と高額品という二極が生まれ、
そこから多極化し、それを定める軸ごとが変化しています。
有線と無線の世界がインテリア空間には入っています。
インターネットがインテリア空間の時代を区切っていくでしょうから
私は、「インテリア・ドメイン」と「インテリア・フェーズ」を提唱し、
そこに向けての「かたち」を提案します。


tag: かたち, インターネット, インテリアの体系, インテリア・ドメイン, インテリア・フェーズ, インテリア空間, ウレタンフォーム, ソファー, デザイナー, デスク, デンマーク, ドイツ, モードの体系, 二極, 入試問題, 変化, 多極化, 家具, 廉価商品, 建築家, 提唱, 提案, 教育, 明治維新, 有線, 椅子, 構造解読, 江戸時代, 海藻類, 消費社会, 無線, , 発明, 経年変化, 芸術系大学, 訓練, 高度経済成長, 高額商品


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 日曜日, 9月 8th, 2019 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.