kazuo kawasaki's official blog

『たった1mmを5mmの波型にすれば、日本発CFRP発明』





カーボンファイバーの、たった1mm厚の板を、高さ5mmの波型にして、
これまでのカーボンファイバーを越えた日本発のモノづくりをしました。
「問題解決」と「価値創出」がやっとできあがりました。
CFRP「炭素繊維強化プラスティック」は、
福井で炭素繊維が織られているのですが、
その後、詐欺のような誤魔化されてるんじゃないかと
思える産業にあずけることになります。
これがカーボンファイバー産業の最大の原因なのです。
しかしこの素材は、やがては福井県の産業になるかも知れません。
それは「性能」を性能性・性能的に「美学」として、
「象徴」ではなくて「神話性」という価値にまでするつもりでいます。
高額商品ではありますが、3時間映画を見ても、
「座り心地が最高のモノ」、一生モノを超えて何世代にも渡り
ずっと使用、所有してもらえるモノを創り出しました。
これまでのイスでは考え出せなかった、
モノづくり=大物主神を表しました。
おそらくその一方で、
CFCPというまがいモノがインテリアに入っていくでしょう。
「パリの大聖堂」には燃えないこの素材で再興してもらいたいです。
たった1mmを5mm波型にした「決して燃えないこと」を
座るという形状に表現してやりきったと思っています


tag: 1mm, 3時間映画, 5mm, CFCP, CFRP, まがいモノ, インテリア, カーボンファイバー, カーボンファイバー産業, パリの大聖堂, モノづくり, 一生モノ, 何世代, 使用, 価値創出, 再興, 創り出し, 原因, 問題解決, 大物主神, 座り心地, 座る, 形状, 思える, 性能, 性能性, 性能的, 所有, 日本発, 決して燃えないこと, 波型, 炭素繊維, 炭素繊維強化プラスティック, 神話性, 福井県, 素材, 織ら, 美学, 表現, 詐欺, 誤魔化, 象徴, 高額商品


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 月曜日, 9月 16th, 2019 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.