kazuo kawasaki's official blog

『「ミラーワールド」とのデジタルアッサンブラージュ』





AXISでの展示とKeynote Liveを開催できました。
中央の展示は、天井・ステージ・正面で、いわゆる3面の鏡面。
これは、それこそよく見れば6面の反射で虚像化を図りました。
それは虚像というより「ミラーワールド」になりました。
結局、この鏡面の展示では、12層分を突き抜けた世界でした。
「ミラーワールド」という具体的な物証を見る、体験してもらえたのです。
そしてプレゼの時間には、前面のスクリーンだけでなく、
観客に向けては、私の講演を皆さんのスマホで各々が会場回りで
見て聞いて頂けるスタイルとしました。
今後、Keynoteでの講演やプレゼではLiveを聞くことになりそうですが、
まだ動画が重なった時の動きなど同期は十分とは言えないようです。
「インテリア・ドメイン」と「インテリア・フェーズ」で、
映像と音響が今後のインテリアでの無線でつながる状況は、
私のデジタル・アッサンブラージュの作品にもなっています。
展示で、こういったデジタルの断片的な提唱ができました。


tag: 12層, 6面, AXIS, Keynote, Keynote Live, LIVE, インテリア, インテリア・ドメイン, インテリア・フェーズ, スクリーン, ステージ, スマホ, デジタル, デジタル・アッサンブラージュ, プレゼ, ミラーワールド, 中央, 会場回り, 体験, 動画, 反射, 同期, 天井, 展示, 提唱, 断片, 正面, 無線, 物証, 突き抜け, 虚像, 観客, 講演, 鏡面, 開催, 音響


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 金曜日, 9月 20th, 2019 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.