kazuo kawasaki's official blog

『資本主義からの逃走』
 「*棒鞘の日本刀・日本の美学*」



棒鞘
1300年中期、南北朝の時代です。まさに、戦国時代。
後に始まる鉄砲、それが無い時代ゆえ、武器は日本刀のみ。
日本刀といっても、まだ、洗練される以前の形態。
北陸には京からドロップアウトしてきた刀匠がいました。
その中に、千代鶴国安(二人説もあり)がいました。
「越前打刃物」の祖です。
草刈り鎌の発案者と言われています。
さて、刀は作っても作っても戦国の世では消耗品でした。
刀より、それを納める鞘が間に合いません。
そして、生まれたのが、棒鞘でした。
生木を漆にドブ付けしただけのモノでした。
ところが、北陸で打たれて作られた刀は、
太く切れ味は抜群でした。折れなくて重量がありました。
だから、
棒鞘を下げている野武士はそれだけで威嚇できました。
まさに、棒鞘の刀は「切れ味」武器そのものでした。
この棒鞘の刀が後世残ったのは新撰組の近藤勇の刀です。
日本刀が洗練されていくには、二つの要素が必要でした。

● 機能性=性能性が素材の革新によって、高質軽量になる。
● そうした機能性が「象徴」化されて美的効能性となる。

日本刀

やがて、サムライにとって、刀が、
「武士の魂」と呼ばれる「美学性」に高められるのは、
言い換えると、
「イノベーションとシンボル化」です。
つまり、
モノの存在性が、「美学性」を獲得するには、
こうしたコンテクストが不可欠であり、
さらに、シンボル=象徴によって、
あらためて、モノと心=魂=いのちの核心が、
一体化しなければならないのです。
「かたち」という存在と「いのち」との結合が、
日本人の「美学」だと、私は考えます。


tag: いのち, かたち, イノベーション, コンテクスト, サムライ, シンボル, ドロップアウト, , 刀匠, 北陸, 千代鶴国安, 南北朝, 威嚇, 形態, , 性能性, 戦国時代, 抜群, 新撰組, 日本刀, 核心, , 棒鞘, 機能性, 武士の魂, 消耗品, , 生木, 美学性, 草刈鎌, 象徴, 資本主義からの逃走, 越前打刃物, 近藤勇, 野武士, 鉄砲,


目次を見る

One Response to “『資本主義からの逃走』
 「*棒鞘の日本刀・日本の美学*」

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 10月 12th, 2014

    [...] 陰と陽の刀身光を実刀身で教わることができました。 「*棒鞘の日本刀・日本の美学*」 tag: インチキ, ダマスカス鋼, チタン, ハンティングナイフ, [...]


This entry was posted on 水曜日, 2月 17th, 2010 at 1:00 AM and is filed under 012「ビジネスモデル」, 999「番外編」, 資本主義から逃走せよ!. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.