kazuo kawasaki's official blog

『教えるということは、教わることだ』





カーボンファイバーの新作椅子発表会には、色んな人が来ました。
かって、三省堂で「広報誌のエッセイ」の私の担当だったT氏でした。
ほぼ20年ぶりに再会、その後インタビュー記事を書いてくれました。
インテリア雑誌とは違って『東京人』です。
カーボンファイバーのイスも取り上げてもらいます。
彼が長年買い足して愛用してくれている
私のメガネMP-690の写真も掲載予定です。
このモデルにはコアな目利きのファンが多いのです、感謝。
主題は手描きの力。
それは、私のデザインの起電力そのもので、
簡単に言えば、デッサンを重ねて訓練していれば、
頭を無にした状態で、手が起電力となって発想が生まれるのです。
そんなスケッチや、私の筆記具を見せました。
取材を受けるとあちらこちらに散らばっている道具たちが
一堂に会しなんとも圧巻です。
ライターの彼は今では母校の非常勤講師をしているらしいのです。
22年間も大学人だった私が彼にも言いました。
「教えるということは、教わることだ」には、
彼からも大賛同を得ました。
おそらく彼の「文章の構成力、編集力そしてインタビューの作法」の講義
それをを私も聞きたいなと思います。


tag: MP-690, インタビュー, インタビュー記事, インテリア雑誌, エッセイ, カーボンファイバー, スケッチ, デッサン, ファン, メガネ, 三省堂, 作法, 取材, 圧巻, 広報誌, 愛用, 手描き, 掲載, 教える, 教わる, 文章, 新作, 東京人, 構成, 母校, , 発想, 発表会, 目利き, 筆記具, 編集, 聞きたい, 訓練, 講義, 起電力, 道具, 長年, 非常勤講師


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 火曜日, 10月 29th, 2019 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.