kazuo kawasaki's official blog

『明治維新には客死人たちが一杯いる』





明治維新は「無血革命」だった。
これには、大反対です。
おそらく、どれだけの諸藩の藩士が命を落としたでしょう。
また、海外でしかも客死した連中がどれほど多いのでしょう。
ふるさとの偉人にルーツを求めて敬愛を惜しまない私ですが、
福井藩士の日下部太郎は、福井で青年会議所とともに
その功績をまとめました。
彼のパスポートナンバーは、日本が発行したNo.4でした。
福井藩最初の留学生であった彼は、
ラトガース大学で猛勉強に明け暮れましたが
卒業を前に肺結核で亡くなりました。
しかし、彼の功績は本当に偉大だったので、
彼を顕彰し、卒業を認めたのです。
福井県青年会議所が現地に足跡研究を行いました。それを私がまとめて、
東京はじめ各地の青年会議所の集まりで講演をしました。
大学のあるニューブランズウィック市と福井市は姉妹都市となっています。
そして、ラトガース大学と福井大学も提携し学生の交換を行い、
知の交流が続いています。
日下部太郎(本名は八木八十八)のような、
地域や国を担うべく、多くの人が粉骨砕身、
懸命に努力をしたことでしょう。
明治維新は、どれだけの人たちで、できたのでしょう。


tag: ふるさと, ニューブランズウィック市, パスポートナンバー, ラトガース大学, ルーツ, 交換, 交流, 偉人, 偉大, 八木八十八, 功績, 努力, 卒業, , 地域, 大反対, 姉妹都市, 学生, 客死, 惜しまない, 懸命, 提携, 敬愛, 日下部太郎, 明治維新, 本名, 海外, 無血革命, 猛勉強, 留学生, 発行, , 福井大学, 福井市, 福井県青年会議所, 福井県青年会議所が現地に, 福井藩士, 粉骨砕身, 肺結核, 諸藩, 連中, 青年会議所, 顕彰


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 月曜日, 11月 25th, 2019 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.