kazuo kawasaki's official blog

『今3台目、これまでの私にあったICD=植え込み徐脈器』





2018年の10/10に、私は3台目のICD植え込み手術をしました。
ICDとは植え込み型除細動器です。
その時、体内にあった2台目がようやく手元に戻ってきました。
これまで私を助けてくれた2台目は、
電気ショックを与えた後にデータが消えるという問題が起こり、
その確認のため米 メディトロニクス社で調査していたのです。
今、体内にある3台目は、
このメーカー主催で京都にて京都大学と京都府立医大の先生方に
講演した時に新製品として登場していたモノで、
私も次はこれを入れるんだなとユーザーとして評価や要望を伝えました。
以前はできなかったMRIの検査を受けても大丈夫になり、
定期的に、あるいは重大なインシデントを
自宅から病院へデータ通信できます。
とは言え、この通信でも当初は自宅に設置したクレドールに
初期の不具合が起きました。よくあることですが、
なんだか私のところにこういった問題が引き寄せられ改善要望をだします。
循環器系は、実は私の学位論文での対象領域ですので
今頃になって、もう一度「生理学」を読み直しています。
心臓は、Funny Channelというおかしな電流が洞房結節に電流が起こり
生まれるとすぐに心臓が働き始めるのです。
それがなぜ起こるのかわかっていません。
心臓は、美人を見てドキドキしたり、緊張して上がってしまう時も、
動きだすのです、不思議な臓器です。
それこそ、Artificial Heartという、Artとartに挟まれた人工物です。
私がこれこそ重要な人工モノの最終ではないかと想像しています。


tag: 10/10, 2018, Art, artificial heart, Funny Channel, ICD, ICD植え込み, MRI, クレドール, データ, メディトロニクス社, メーカー主催, ユーザー, 不具合, 不思議, 京都大学, 京都府立医大, 人工モノ, 人工物, 初期, 問題, 学位論文, 対象領域, 循環器系, 心臓, 想像, 手元, 手術, 改善, 新製品, 最終, 検査, 洞房結節, 生理学, 登場, 確認, 臓器, 要望, 評価, 調査, 講演, 起こるのか, 通信, 除細動器, 電気ショック, 電流


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 金曜日, 11月 29th, 2019 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.