kazuo kawasaki's official blog

『ペットボトルのリデュース・リユース・リサイクル』





ペットボトルのリデュース、リユース、リサイクルの取り組みで
最近、私が愛飲しているエビアン=evianでも
こうしたペットボトルの代行や変更が見られます。
やがては、植物性や新しい素材に変わっていくでしょう。
その気配を、私は読み取っています。
それこそ、デザイン系大学での大きな題名テーマに関わります。
たとえば、蓋もリニューアルし、エコボトルが採用され、
中間部分は飲むのに持ちやすく上部と下部がパッケージを
支える強度を持っています。
今後のペットボトルでも、絶対には透明性と中身の鮮度保持が必要です。
素材としてはすべてエコロジー的なPETフィルムであり、
透明性があり、新マルチレンズコーディングが必要になっていくでしょう。
必ず、ペットボトルのは「土」に戻ることが必要だと予測します。


tag: evian, エコボトル, エビアン, デザイン系大学, パッケージ, ペットボトル, マルチレンズコーディング, リサイクル, リデュース, リユース, 中身, 中間部分, 代行, 取り組み, , 変更, 強度, 採用, 植物性, 気配, 素材, , 透明, 題名テーマ, 飲む, 鮮度保持


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 金曜日, 12月 6th, 2019 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.