kazuo kawasaki's official blog

『無人島なら使いなれたナイフ一本』





「無人島なら、絶対にナイフで十分です」。
とは言え、私には刃物が現状のまま生き延びていくとは思えません。
それには三つの判断していることがあります。
日本刀は、もうすでに過去の硬度がありません。
またとんでもない「ダマスカス綱『風』」の包丁が流行したり、
進化したはずの包丁が旧時代のリバイバル、後退さえもしているのです。
そして、切れ味は、見せ方ではなくしっかりと基準で表すべきです。
無人島に携帯するナイフの扱いも重要です。
フェザースティックを出来る能力が必要となり、
自然物で燃やすには、燃えるもの(燃料)と酸素(空気)と温度、
この三つが大事です。
火口(ほぐち)には、松の皮や、最も大事なのは松ぼっくりなら、
それだけに燃えますが、ミカンの皮も、燃えるのです。
ただし乾燥が必要です。
そして、科学的にはがマグネシュウム棒が必要です。
自分を守る、生きる力とナイフです。


tag: ダマスカス綱, ナイフ, フェザースティック, マグネシュウム棒, ミカンの皮, リバイバル, 乾燥, 出来る, 刃物, 切れ味, , 包丁, 基準, 守る, 後退, 必要, 携帯, 日本刀, 旧時代, 松の皮, 松ぼっくり, 温度, 火口, 無人島, 燃えるもの, 燃料, 生きる, 生き延び, 硬度, 科学的, 空気, 能力, 自然物, 見せ方, 酸素


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 月曜日, 12月 9th, 2019 at 12:06 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.