kazuo kawasaki's official blog

『西部劇の絵を描くのが大好きでした』





西部劇が大好きでした。
そこでの3人といえば、ビリー・ザ・キッドから
ドク・ホリデイ、ワイアット・アープでした。
「荒野の決闘」を久々に見ました。
こうなってくると、「OK牧場の決斗」も見なければいけません。
この3人を、子どもの頃よく絵で描いて、
クレヨンから鉛筆までで、馬、拳銃を細かく描写しました。
ウィンチェスターライフル、ピースメーカー、特に、
ドク・ホリデイには、長い銃身のピストルが大好きでしたから、
それこそピースメーカーを随分と私のアイディアで描きました。
いまでは、リボルバーを趣味にしていますが、
スプリングフィールドはどうみてもウィンチェスターには負けました。
当然、テンガロンハットも描きました。
当時は、まだブルージーンズではなかったと思います。
ゴールドの採掘を掘る前には、カウボーイの日常があり、
蹄鉄の野鍛冶がはやっていました。
西部劇がはやっていたのは、仮想敵にはインディアンであり、
今では、全く流行らいのでしょう。
でも子供の頃を思い出しますから、その世界観を見たいのです。


tag: OK牧場の決斗, アイディア, インディアン, ウィンチェスターライフル, カウボーイ, クレヨン, ゴールド, スプリングフィールド, テンガロンハット, ドク・ホリデイ, ビリー・ザ・キッド, ピースメーカー, ブルージーンズ, リボルバー, ワイアット・アープ, 世界観, 仮想敵, 大好き, 子供, 拳銃, 採掘, 描写, 日常, 流行, , 荒野の決闘, 西部劇, 趣味, 蹄鉄, 野鍛冶, , 鉛筆,


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 金曜日, 12月 20th, 2019 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.