kazuo kawasaki's official blog

『5Gよりも6Gの国家プロジェクトに期待する』





未来へのシナリオ通りに技術革新が進んでいきます。
Apple社が、かつて自動車づくりをを名言していましたが、
その発売時期が2020年でした。
今年、その一部の流れを受けた形で、
SONY社が自動車の試作車を米国で発表しました。
それこそ、HONDA社は、25年程前に現在にも通じる
アドバンスデザインの自動車をGマークに応募していました。
通信のgeneration、世代交代で通信環境が進展していきます。
1Gで、電話は携帯電話でまだアナログでした。
2Gでは、デジタルでメールになり、
3Gでは、高速化され画像送信が可能となりました。
その頃から携帯電話のカメラ機能が覚醒し、
やがてカメラ業界は一変するでしょう。
4Gでは動画になってしまいました。
YouTuberが小学生のあこがれの職能にもなりました。
スマホが普及しIoTでつながる生活環境が、
まもなく5G時代を迎えます。
東京オリンピックを控えて、4Kと8Kの高精細画像、
映像の伝送が可能になります。
それには、超高速・超低遅延・超大量接続が期待されています。
私の記憶では「人工知能」の理論を知ったのは高校2年頃でした。
やがて、シグマ(Σ)プロジェクトも、さらにはトロンOSも潰されました。
潰したS氏は、私に言わせれば「売国奴」であり、
私の予測は、6Gでは16Kにまでなって行くでしょうから、
日本主導が続くことを願っています。


tag: 16K, 1G, 2020年, 25%, 2G, 4G, 4K, 5G, 6G, 8K, apple, generation, Gマーク, HONDA, S, SONY, あこがれ, アドバンスデザイン, アナログ, カメラ業界, カメラ機能, シグマ, シナリオ, デジタル, トロンOS, 世代交代, 人工知能, 伝送, 動画, 可能, 国家プロジェクト, 売国奴, 小学生, 応募, 技術革新, 携帯電話, 日本主導, 期待, 東京オリンピック, 理論, 画像送信, 米国, 職能, 自動車, 覚醒, 試作車, 超低遅延, 超大量接続, 超高速, 通信環境, 高校2年, 高精細画像, 高速化


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 木曜日, 1月 16th, 2020 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.