kazuo kawasaki's official blog

2月12日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design



2月12日 先勝(乙酉)

デザイナー、アーティスト、作家にとって、
作品タイトルは、
表現意図を明快にし、
作品の存在、
あるいは観念やコンセプトをことばで、
それも一言で表示する制度になっている。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』14 意味論としてのデザイン/a>


tag:
アーティスト, コンセプト, タイトル, デザイナー, 一言, 作品, 作家, 制度, 存在, 川崎和男のデザイン金言, 明快, 表現意図, 表示, 観念


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 水曜日, 2月 12th, 2020 at 12:00 AM and is filed under APHORISM. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.