kazuo kawasaki's official blog

『ワクチンをDNAで判別することが肝要です』





これは阪大でやっていたプロジェクトです。
ワクチンのシリンジを含めたデザインシステム開発とともに、
感染症のうちでも結核に絞り込んで、
「遺伝子検査システム」を
検査から確定、ワクチン接種までの流れをデザインしました。
「ワクチン2種」を決定させるまで5時間で判別できます。
DNAからは、マッチングする薬品が解りますが、
薬剤品が商品として売れなくなるので
今はまだ徹底解明は「やってない」のです。
それこそ、今ではジェネリックの展開が増えていますが、
私も使用している循環器系での薬は、
米国ではジェネリック外しが多いです。
私はできる限り、先発医薬品を選択しています。
入院すると、自動的にジェネリック医薬品になります。
利益確保重視や薬漬けは、
医療界と薬剤界の闇だと私は思っています。
今回の新型コロナウィルス対策については、
日本の感染症テクノロジーに期待感がありすぎました。
先手を打つこともできずに、閣僚の対策会議欠席、
検査もれなど危機意識がゆるんでいたのかもしれません。
早急に政界が、もっと確かな医療を確かめ先導することです。
私としては「生物兵器」との意識で、
国民の安心安全に徹底して臨む姿勢がなければ
オリンピックを迎えられないのではと考えています。
DNAとRNAのシステム、
医療界と薬剤界を「立て直す」ことです。


* ワクチンとDNA


tag: 5時間, DNA, オリンピック, ジェネリック, テクノロジー, デザインシステム開発, マッチング, ワクチン, ワクチン2種, 先導, 先手, 先発医薬品, 判別, 利益確保重視, 医療, 医療界, 医薬品, 危機意識, 商品, 売れな, 外し, 安心安全, 対策会議欠席, 展開, 循環器系, 徹底解明, 感染症, 接種, 政界, 期待感, 検査, 生物兵器, 立て直す, 米国, 結核, 薬剤, 薬剤品, 薬剤界, 薬品, 薬漬け, 遺伝子検査システム, 閣僚,


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 日曜日, 2月 23rd, 2020 at 9:00 PM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.