kazuo kawasaki's official blog

『パンデミック・ガンビットー世界的な先手』





現在「パンデミック・ガンビット」です。
「世界的疾病な先手」が段階毎に必要だとWHOに進言するのです。
このCOVID-19を中国の軍事研究所の
「開発途中の生物兵器」とする説は見逃せません。
かつてエイズは死の病でしたが、
日本人が世界最初の抗HIV薬を開発し、
その後米国の薬メーカーが特許を取得したため、
さらに先導して第2、第3と人類を救う薬の開発を手掛けました。
日本の医学界のテクノロジーで、
感染症の水際対策やクルーズ船の検疫管理も出来ていると
思っていましたが、あると思っていた結界が破られ、
汚染された境界が地球規模で拡大しています。
私はそもそも2006年に敗血症という感染症からショック状態、
重篤になりましたが奇跡的にも生還しました。
また私に取り組むべきテーマが与えられたのだと、
阪大では「深紫外線手洗い」、「エボラ出血熱」などの
感染対策の防護服、救急カプセルからトリアージに関する
デザインプロジェクトをやっていました。
今年度のプロダクト系での卒業制作テーマは、
「マスク」での解答に期待したいです。
海外の友人、デザインプロデューサーから、
リユースできる素材のマスク、そのシステムの
提案などはないのかとメールが来ました。
また「防護服」で対応される患者さんは嫌でしょうから、
今のままではデザイン不備です。
世界で一番の問題解決には、
医工・デザインとしてこのテーマに向かう必要があります。
TVで、アジアで小児麻痺を食い止めた感染症の権威が、
ここ1,2周間が勝負なのだと言っていました。
日本政府はとても甘かったと思います。
私がその実現を目指し大きな研究費に応募したテーマが、
「コンシリエンスデザインによる完全無菌と抗体保健」
ー「完全無菌」と「抗体保健」の生活環境の創出と実現でした。
やはり私は「生物兵器」の先手を打とうとしていたのです。


tag: COVID-19, WHO, エイズ, エボラ出血熱, ガンビット, クルーズ船, コンシリエンスデザイン, ショック状態, テクノロジー, デザイン, デザインプロジェクト, デザインプロデューサー, トリアージ, パンデミック, プロダクト系, マスク, リユース, 世界最初, 中国, 先手, 創出, 医学界, 医工, 卒業制作テーマ, 取り組む, 奇跡的, 完全無菌, 実現, 小児麻痺, 患者, 感染対策, 感染症, 抗HIV薬, 抗体保健, 提案, 救急カプセル, 敗血症, 日本政府, 検疫管理, 権威, 水際対策, 深紫外線手洗い, 特許, 生活環境, 生物兵器, 生還, 疾病, 研究費, 第2, 第3, 米国, 結界, 薬メーカー, , 軍事研究所, 進言, 重篤, 開発途中, 防護服


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 水曜日, 2月 26th, 2020 at 8:44 PM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.