kazuo kawasaki's official blog

『生物兵器へ医学制度のCrisis and Risk Solution』





「生物兵器」という説かもしれません。
いや、私は「生物兵器」だと思っています。
3.11の後には、災害復興にデザイナーとして取り組み、
企業とともに研究者として対応していたプロジェクトには、
災害という危機に対しての「危機管理」という言葉を使っていました。
ところが、危機は「管理」など出来ません、目指すのは「解決」なのです。
想定される危機と起こってしまった危機を解決する
Crisis and Risk Solutionであるデザインの解答が求められるのです。
核抑止としてある原子爆弾は、使われればもはや一瞬にして世界の終焉、
地球滅亡のシナリオであることは承知の上、
今回の「生物兵器」なのかとも考えてしまいます。
どうやって地球人が解決出来るかが求められています。
国会には生物兵器を防ぐかは議論されていませんが、今回のことだけでなく
あらゆる想定で危機解決を導く組織、体制は整えるべきです。
私の研究室で提案した結核のDNA診断システムなど危機解決への解答は、
どうせデザイナー提案だろう、
国際コンペでも「解らない」と言われてきました。
学会や、あるいは国家予算を使う研究の審議などにも、
デザインとしての提案は、審査委員や担当者の
能力、見識によって蓋をされたままでした。
医学感染症でのデザイン解決が医学制度、地球の未来をつくります。


tag: 3.11, Crisis and Risk Solution, DNA診断, シナリオ, デザイン解決, 一瞬, 体制, 医学制度, 医学感染症, 危機管理, 原子爆弾, 国会, 国家予算, 国際コンペ, 地球人, 地球滅亡, 審査委員, 審議, 想定, 未来, 核抑止, 災害復興, 生物兵器, 研究室, 管理, 終焉, 組織, 結核, 能力, , 見識, 解らない, 解決, 議論, 起こって


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 木曜日, 2月 27th, 2020 at 11:00 PM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.