kazuo kawasaki's official blog

『京都に2回出かけて寂しい別れをしました』





先週に続き、今週も京都に訪問しました。
ワイフの叔父さんが重篤と聞き、病院に行きましたが
このままでは「死んで逝く」ことを待っているだけでした。
当初はこのような事態となる入院ではなく、
来月の彼の息子の結婚式招待状を返信したところでした。
すでに別れの挨拶のような見舞いから家に帰り、
知人の医師たちに状態を伝えて為す術はないのか、
やはり「寿命」なのかメールで判断を仰ぎました。
ずーっと「生理寿命」と「生態寿命」が教科書的に頭を巡らせていました。
4年前には何万人に一人の重病に陥り、
原因や治療方針の明確な説明がなかった病院から
データを受け取り、最善の執刀医を紹介してもらい
命をつないだことがありました。一応、医学博士の私を信用する人は、
私の事を信頼する人だと確信をしています。
4年間、命をいただいたありがとうございますとご家族から言われました。
同じ世代なので若い頃はジュリーのようだった彼は、
ワイフのことを懇々と私を信頼してくれました。
華やかな人脈と豪腕なビジネス人生を送りました。
通夜に行きましたが、止まった心臓が呼びかけで3回戻って
彼がどうしても「自宅に帰りたい」を表現していたらしく、
最後はもういいよと家族は見送ったそうです。
私自身の「寿命」も殊更意識しています。
今回も京都に出掛けて、世界でみんなが闘っている最中、
連休と待機疲れが桜の開花で気持ちが緩んだのか
自宅待機を全く守っていないことに、
私は「生物兵器」に、呑気だと感じました。


tag: ご家族, ジュリーのようだ, ビジネス人, 世界, 事態, 京都, 信用, 信頼する人, 入院, 全く, 医学博士, 医師, 原因, 叔父さん, 同じ世代, 呼びかけ, 命をいただいた, 執刀医, 寂しい別れ, 寿命, 待機疲れ, 息子, 招待状, 教科書的, 最善, , 止まった心臓, 死んで逝く, 気持ち, 治療方針, 為す術, 生態寿命, 生物兵器, 生理寿命, 病院, 確信, 結婚式, 緩んだ, 自宅に帰りたい, 自宅待機, 華やかな人, 表現, 見舞い, 見送った, 訪問, 説明, 豪腕な, 返信, 通夜, 連休, 重病, 重篤, 開花, 闘っている


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 月曜日, 3月 23rd, 2020 at 4:27 PM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.