kazuo kawasaki's official blog

『なぜ、PCR=遺伝子検査を正確に伝えないのでしょう』





阪大の「免疫学」の強さは、
月が丸いのは免疫学で証明ができる、とまで冗談で言われるほどです。
それこそ、永田町での重要課題専門会議のヒアリングでの
私への免疫学に関わる質問に「それは阪大に戻ればやりきれる」と
発言をした経験があります。
今回も、なぜ、遺伝子増幅技術による検出、
PCR検査が重要だということをマスコミは言えないのだろうか。
検査システムの不足は、ダイヤモンド・プリンセス号での
この感染症の初動対応のまずさ、厚生労働省とDMATなど
多様な組織での困難な対応時から指摘されていました。
私達は、国民の公衆衛生の意識の高さで、
持ちこたえていたとも言えるでしょう。
しかし、アメリカや韓国のように専門組織機関、
CDC疾病管理予防センターはなく、
そして自衛隊と医官は、感染することなくクルーズ船客と
乗員の病院搬送救援を完了しましたが、賛辞をもって、
その活動内容を多くは言わないのでしょうか。
マスコミ報道も偏重、限られているので
もちろんマスメディア、ネットワークメディアと情報をとるべきです。
阪大微生物研究所とワクチンメーカーが、ワクチン開発に着手したという
発表がありましたが、医療、製薬のオープンソース、
クラウドソースにて地球人一丸でこの治療薬の開発進展を願いたいです。


tag: CDC, DMAT, PCR検査, アメリカ, オープンソー, クラウドソース, クルーズ船客, ダイヤモンド・プリンセス号, ネットワークメディア, ヒアリング, マスコミ, マスコミ報道, マスメディア, ワクチン開発, 一丸, 不足, 丸い, 乗員, 偏重, 免疫学, 公衆衛生, 冗談, 初動対応, 医官, 医療, 厚生労働省, 困難, 地球人, 増幅技術, 多様, 専門, 専門会議, 微生物研究所, 情報, 意識, 感染症, 戻れば, 指摘, 救援, , 検出, 検査システム, 永田町, 治療薬, 活動内容, 疾病, 疾病管理, 病院搬送, 発言, 着手, 管理予防センター, 組織, 組織機関, 経験, 自衛隊, 製薬, 証明, 賛辞, 遺伝子, 重要課題, 開発進展, 阪大, 韓国, 願いたい


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 火曜日, 3月 24th, 2020 at 10:16 PM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.