kazuo kawasaki's official blog

『すでに「観光都市」は絶対に代えることです』





私は「観光都市」という呼称やあり方に
懐疑的だとこのブログでも何度も言ってきました。
「観光都市」=Tourist city、Sightseeing cityなどは
全世界で観光を産業とする都市ですが、
これには、厳しく「乞食(こつじき)都市」とまで、
過激なことを言ってきました。
というのも、水物でない観光産業を目指すべきだとして
日本がバブルの頃には、地方への企画書に
「何度も通える場所」その考え方を書いていました。
ともかく、私の企画に対して
「難しい」といった反応の連続でしたが、
海外の特派員が絶賛して取材を受けました。
実際その地方は、国内で観光都市でもなく、
いつでも容れる場所、温泉もない、神社仏閣もなく、
風向明媚でもないけれども、ともかく「通える場所」、
もう一度訪れたい場所であることを企画しました。
それこそ、ユネスコ都市なんぞ目指すこと無い、
守りたい継続したい場所にではなく
ユネスコに分担金、拠出金、登録料を流し込んで、
認めてもらう必要があるのでしょうか。
「何度も通える場所」には、まったく違う呼称が必要です。


tag: Sightseeing city, Tourist city, あり方, このブログ, ユネスコに分担金, ユネスコ都市, 乞食, 企画書, 何度も通える場所, 全世界, 反応, 取材, 呼称, 地方, 守りたい, 懐疑, 拠出金, 水物, 海外, 温泉, 特派員, 産業, 登録料, 目指す, 神社仏閣, 絶賛, 観光, 観光産業, 観光都市, 認め, 通える場所, 連続, 過激, 都市, 難しい, 風向明媚


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 土曜日, 4月 4th, 2020 at 8:07 PM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.