kazuo kawasaki's official blog

『資本主義からの逃走』
  「社会主義市場経済論でのデザイン職能」



デザインでの予知と予測
現在、中国の「模倣」はやや活発さから、
新たな段階に進行しています。
そこに、デザインを「設計」から、
「策略」「新資源」として位置づけた、生産技術の進展が
明確に読み取れます。
すでにデザイナー育成教育においては、
韓国、台湾、香港での教育を学ぶという姿勢です。
決して、
日本のデザイン教育ではないということに、
私は大きな失望と、日本のデザイン教育の再構築を
強く意識しなければならないと思っています。
彼らは、すでに「設計」という生産手段の一つでは無いのです。
策略
「策略」というのは、
「付加価値」としての生産価値ではありません。
私は予言しておきたいと思います。
膨大な人口の中に潜んでいる「デザイナー才能」です。
この「才能」が主導権を持ち始めたとき、
わが国のデザイン主導力は、相当に、打ちのめされます。
韓国が、この20年で育成してきた「表現分野」は、
スポーツから映画・ファッション・コンテンツ、
そして、デザインでした。
「社会主義市場経済論」は、「資本主義」国家経済を
超越しようとしていることは明らかです。
無論、まだまだ国内統制が「開放」されてはいません。
ひょっとすれば・・・・・・・という・・・・
軍事力中心の政治体制は、歴史的には幾たびも、
その成功事例は残していません。
果たして、「市場経済論でのデザイン職能」は、
デザインの本質が、情報公開に及べば、
私は「市場経済論」は、もろく崩壊すると、
今度は予測をしておきます。


tag: 「資本主義からの逃走」, デザイナー, デザイナー才能, デザイン, デザイン職能, 中国, 予測, 予知, 予言, 付加価値, 再構築, 台湾, 国内統制, 国家経済, 崩壊, 市場経済論, 情報公開, 才能, 新たな段階, 新資源, 模倣, 生産価値, 生産技術の進展, 社会主義, 社会主義市場経済論, 策略, 育成教育, 表現分野, 設計, 資本主義, 軍事力中心, 開放, 韓国, 香港


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 水曜日, 2月 24th, 2010 at 1:00 AM and is filed under 013「市場経済論」, 資本主義から逃走せよ!. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.