kazuo kawasaki's official blog

『橋本左内』ーその漢詩と生涯





『橋本左内』ーその漢詩と生涯

自宅の近くに「適塾」がある。
小学生の頃、父から「啓発録」を教えられる。
私が阪大に居たとき、後から聞いたのは
その時に「嫌がらせ」を受けました。
本来だったら自らを押さえているのだ!
阪大の「デザイン」はとても「未熟」。
それ自体、デザインを使い過ぎなら、
「デザイン」を知っているのは数名である。
それでも「適塾」の会員であるのです。
そして彼の直筆(福井県は全く知らなかった)を講演用に持っている。


tag: デザイン, 会員, 使い過ぎ, 啓発録, 嫌がらせ, 小学生, 数名, 未熟, 本来, 橋本左内, 漢詩, , 生涯, 直筆, 福井県, 自ら, 自体, 自宅, 講演用, 適塾, 阪大


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 日曜日, 5月 10th, 2020 at 3:09 PM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.