kazuo kawasaki's official blog

『 ME++』 サイボーグ化する私とネットワーク化する世界





ブックチャレンジ6/7
『 ME++』
サイボーグ化する私とネットワーク化する世界

このところ、ウィリアム. J.ミッチェルの
著作ばかりになってきた。
この現状はパンデミックの200年には起こる
世界共通の感染症である。
世界の「経済」ではすでに、
私たちの社会が遅れているという見通しだった。
私が「サイボーグ」であり、
車イスそしてICD=埋め込み式除細動器で、
生命を維持している。ただし、私は職能は工業デザイナーである。
都市とネットワーク=無線化、インターネットと自然と社会では、
私自身が「危惧」している世界構成制度では
立ち向かえなくなってきたと思う。


tag: 200年, ICD, ME, インターネット, ウィリアム. J.ミッチェル, サイボーグ, サイボーグ化, ネットワーク, ネットワーク化, パンデミック, ブックチャレンジ, 世界, 世界共通, 世界構成制度, 危惧, 埋め込み式除細動器, 工業デザイナー, 感染症, 無線化, 現状, 生命, 社会, , 経済, 維持, 職能, 自然, 著作, 見通し, 車イス, 都市


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 金曜日, 5月 15th, 2020 at 2:20 PM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.