kazuo kawasaki's official blog

『「フェイスフィールド」は2003年にGマーク賞だった』





2003年にGマーク賞で「フェイスフィールド」が入賞していました。
丁度、私がグッドデザイン賞総合審査委員長でした。
その当時は16パーセント入賞で、本来は10パーセント入賞が目標。
しかし、36パーセント入賞は「賞」では無いのです。
さて思い返してみると、「防護服用」でしたが、今になれば、
SF的世界観が当時すでに表れていました。
「新型コロナウイルス」に、
もはや100年も前の「マスク」ではないでしょう。
私は、阪大大学院の工学研究科と医学系研究科で、
2次感染を防ぐ搬送用ストレッチャーや、
既往症のデータをQRコードにしたトリアージを研究テーマでした。
サイエンス・フィクション’的世界観の到来を察していました。
現在のマスクは多くが汎用品や
手作りマスクなどで対応していますが、
やはり効力を発揮するのかは確認は出来てはいません。
ちょうど最近阪大病院で医学系保健学の教授に会うことができ、
現在のマスク形態や機能の調査を頼みました。
このフェイスシールドは今ではヒットしていますが、
マスクの代わりとして、人間の感染症対策の用品になるでしょう。
新素材がポリカーボネイト抗体とジュラコンでやり直すべきです。


tag: 2003年, 2次感染, Gマーク賞, グッドデザイン賞総合審査委員長, ジュラコン, フェイスフィールド, ポリカーボネイト抗体, マスク, マスク形態, 入賞, 効力, 医学系保健学, 医学系研究科, 審査委員長, 工学研究科, 感染症対策, 手作りマスク, 搬送用ストレッチャー, 新型コロナウイルス, 新素材, 汎用品, 用品, 調査, 阪大大学院, 防ぐ, 防護服用


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 金曜日, 7月 24th, 2020 at 12:59 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.