kazuo kawasaki's official blog

『ロボットも、生物兵器も大幅に変わるでしょう』





今、一番欲しいのは「四本足のロボット」です。
もし、この状況が自宅にあったなら、とても怖い存在でしょう。
「ヒアリ」は、日本にはいなかった外来生物です。
これがやたらと増えて来ています。
私なりには生物兵器を本当に持ち込んできた、と思っています。
「生物兵器」としては米国が出来ると発表した「蚊の形態」があります。
どれも「鬼気迫る形態」をしています。
今回の「新型コロナウイルス」は、武漢の研究所からワクチンも
無い開発途中のウイルス流出だと発信してきました。
さらに、言ってしまえば日本でも、
私立大学の獣医学科設立には、とんでもないですが、
あるセンターには、いくつかの有名大学から教授たちが、
「化学兵器と生物兵器、さらにインターネット」を対象として、
日本でその「軍事技術」研究とは言えないのでしょう。
元来の「戦争用」とは、一般人を巻き込まなかったのです。
政権が「正当な話」をすればいいのです。「宇宙軍」のように。
まあまあ、世論は「大変」でしょうね。
だから、「闘争用」なら、一般人を巻き込まないのでしょう。
新たな戦争は形を変えて、人員を出さない兵器合戦が始まるでしょう。


tag: やたら, ヒアリ, ロボット, ワクチン, 一般人, 世論, 人員, 兵器合戦, 化学兵器, 四本足, 外来生物, 大変, 宇宙軍, 巻き込, 巻き込まない, 形態, 怖い, 戦争用, 政権, 有名大学, 欲しい, 正当な話, 武漢, 獣医学科, 生物兵器, 発信, 研究所, 私立大学, 米国, 自宅, 蚊の形態, 開発途中, 闘争用, 鬼気


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 日曜日, 7月 26th, 2020 at 6:22 PM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.