kazuo kawasaki's official blog

8月3日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design



8月3日 先勝(戊寅)

『分別としてのデザイン』

文化とは
無知と差別への見識闘争であり、
それだけに
「分別としてのデザイン」は、
我らが東洋の理想に
対象化出来るジレンマからの
開放の論理となるだろう。



artificial heart:川崎和男展


tag: としてのデザイン, ジレンマ, 分別, 対象化, 川崎和男のデザイン金言, 差別, 東洋, 無知, 理想, 見識闘争, 論理, 開放


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 月曜日, 8月 3rd, 2020 at 12:00 AM and is filed under APHORISM. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.