kazuo kawasaki's official blog

『海と風』





日本列島には、山風と海風が吹き付けます。
日本海と太平洋、そして瀬戸内海で取り囲まれ、
それぞれに山風と海風があり、その6つの風に応じて
地方独特の山風に関わる方言があります。
そして、罪や穢れを風で吹き流してくださる風の神様や、
風よけ地蔵尊など、地域で信仰される神社や地蔵さんがあります。
今、感染症コロナ禍で急速に「土から風へ変革」の時代をむかえました。
そうした中で、私は中国の「生物兵器」であったことを、
よくよく読んでみれば、世界を無くそうとしているのではないかと
中国共産党は、激しく全世界から糾弾をうけるべきです。
WHOが武漢ウイルスの起源を探る調査を
中国は拒否したWHOニュースが世界に流れていましたが、
国内での詳細報道はありません。
情報や対応も後手に回る日本列島には
「リーダーすら」いないのです。
私たちは日本列島で海からの風で、
地政学的にも身を護ればなりません。
風に乗って前に向かいたいです。


tag: WHOニュース, 世界, 中国, 中国共産党, 乗って, , 吹き付け, 国内, , 地政学, 地方独特, 地蔵, 太平洋, 山風, 後手, 情報, 感染症, 感染症コロナ禍, 方言, 日本列島, 日本海, 海風, 瀬戸内海, 生物兵器, 神社, 穢れ, , 詳細報道, 身を護る,


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 金曜日, 1月 8th, 2021 at 10:00 PM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.


  • Archives

  • Categories