kazuo kawasaki's official blog

『資本主義からの逃走』
  「製品コンセプト・一人称では三つが基本」



清・潔・簡・明
私は東芝のインハウスデザイナーから出発しました。
その時の「想い」は今なお崩していません。
身体的には、車イスになり、心臓障害をいだきながらも、
それでも、私は「デザイン領域の拡大」が目標です。
製品コンセプトは、常に三つで十分だとさえ思います。
それは、自分自身=一人称から決定すれば、
● 清々しいこと=清
● 潔い=潔
● 明快=明確な簡潔さ=簡素

以上が、私自身の精神性や、そんな存在感で生きたい、
ということにつながるからです。
だから私の製品デザインには、
その一人称がそのまま反映し反射し吸収されたモノに
結実してくれればいいと考えてきました。
しかし、
清々しく生きる、というのはとてもむずかしいことです。
潔いというのは、きっぱりさとさっぱりさです。
簡素で明快であるというのが、清潔さを必ず与えます。
私が「喧嘩道」と呼ぶのは、
この三つを成し遂げるためには、
自分へのこの三つの問いかけです。
自分に喧嘩を仕掛けることです。
私の「製品デザイン」は無論、「好き・嫌い」で
受け取られています。
時には、川崎和男のデザインは嫌いだ、と、
幾たびも言われていました。
それでも私が、「私のデザイン=一人称で語りつくす」、
この姿勢や態度が気にいらないのは、
「嫌い」というあなた=一応、二人称のあなた自身へ、
問いかけます、とうより喧嘩を売ります。
聞かせて下さい。
● あなたは、清々しい人ですか?
● あなたは、潔いですか?
● あなたは、明快・簡潔・明確・簡素ですか?
という「喧嘩」を売りたくなります。


tag: 「資本主義からの逃走」, きっぱりさ, さっぱりさ, インハウスデザイナー, デザイン実務, デザイン論, デザイン領域の拡大, 一人称, 三つの問いかけ, 主張, 反射, 反映, 吸収, 喧嘩, 喧嘩道, 好き, 嫌い, 存在感, 想い, 明快, 明確な簡潔さ, 清々しいこと, 清々しく生きる, 清・潔・簡・明, 潔い, 目標, 簡素, 精神性, 自分自身, 製品コンセプト, 訴求性


目次を見る

One Response to “『資本主義からの逃走』
  「製品コンセプト・一人称では三つが基本」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:07 AM on 10月 24th, 2014

    [...] 「造形の言語道断」 製品コンセプト・一人称では三つが基本」 「コスメティックデザインという付加価値」 [...]


This entry was posted on 日曜日, 2月 28th, 2010 at 1:10 AM and is filed under 014「製品開発」, 資本主義から逃走せよ!. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.