kazuo kawasaki's official blog

『イノベーションは現代では決して生まれない』





現在、デザイン界は大きな誤解をくりまえしています。
それは、「C.I.からブランド」に行政が返還した時だったのです。
「デザイン思考」が「イノベーション」に直結している事です。
決して「Design Thinking」が「Inovation」には、
是対に関わっていないのです。
「技術革新」をイノヴェーションと言った過ちから志向しのです。
私はその前に学術歴史とデザイン効果を置き忘れた
「革新と改革」だった学術倫理と政経学、経営学、商品学でした。
私は一早く、「コンシリエンスデザイン+レジデンスデザイン」。
これに突き当たるのです。
従って私は「コンシリエンスデザイン」をデザインの教育者として、
取り組んできたのです。
中心は、「共感」からのマーッケティングあり、
デザインの中心である「美しさ・優れたこと・明日を拓く」
これを忘却しているのです。
シュンペーターのモノづくりの「やがて資本主義は壊れる」でしょう。
私は民主主義も資本主義も、これらは人間の幻像を歌っているのです。
成果としてのデザインは、今だから言えるのですが、
「幻想ではありえず、限定されたデザイナーに過ぎません」です。
「美しい」を判断出来る個々人の「感性」なのです。


tag: C.I., Design Thinking, Inovation, イノベーション, コンシリエンスデザイン, コンシリエンス、レジデンスデザイン, シュンペーター, デザイン効果, デザイン思考, デザイン界, ブランド, マーッケティン, 優れたこと, 共感, 商品学, 壊れる, 学術歴史, 幻像, 忘却, 感性, 技術革新, 改革, 明日を拓く, 是対, 民主主義, 経営学. 政経学, 置き忘れ, 美しい, 美しさ, 行政, 誤解, 資本主義, 返還, 限定, 革新


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 水曜日, 12月 8th, 2021 at 2:25 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.