kazuo kawasaki's official blog

『「父について」・読書子に寄るから』





高校時代に、父から岩波文庫を読みなさい。
私にはこれがインテリなんだと思っていました。
岩波文庫は、父からは星一つで10銭だったはずでした。
私が高校の時には星一つが100円でした。
美大のときも、100円であり、その当時には62冊ありました。
高校では明日、試験前日に「試験勉強しなくて読んでいました」。
ギリシャ哲学、オペラ、仏教などあらゆる分野が
インテリだったのです。今やなんでもiPadで読書をしています。
自宅では無くて、書籍は全て地下の書庫にあります。
名市大から阪大に変わるときには、
恩師が「先生の間には3000冊だけ大阪に」と言われました。
しかし、阪大は皆が質問が多くて、洋書が自宅には沢山でした。
丁度、今は紀元前のキケロの「父について」を読み返したのです。
「ソクラテスの弁明」も読んでみたのです。
ギリシャ哲学でも、人間は変わっていませんでした。
キケロが「魂」は決して肉体からは
出ていかない、と結論にありました。
紀元前でも哲学は言い切っていました。
現代では「誕生と同時にDNAで生存から死去は決まっている」のです。
岩波文庫をもう一度読み直したい、そんな想いが出てきました。
もう、時間がありません。
最後には「ファーブル昆虫記」10巻ぐらいを読み返すのです。
人生は、まだまだ「生き残っています」、それが現状の自分です。


tag: 100円, 10??, 3000冊, 62冊, DNA, インテリ, オペラ, ギリシャ哲学, ソクラテスの弁明, 人生, 人間, 仏教, 先生, 分野, 名市大, 哲学, 地下, 大阪, 恩師, 想い, 書庫, 書籍, 死去, 洋書, , 父について, 現代, 現状, 生き残って, 生存, 紀元前, 絏?晦???綺, 結論, 美大, 肉体, 自分, 自宅, 試験前日, 試験勉強, 誕生, 読み直し, 質問, 阪大, 高校, 高校時代,


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 火曜日, 12月 21st, 2021 at 1:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.