kazuo kawasaki's official blog

『EV車は、これまでとはデザインが間違っている』



 


30年以前に、EV車が発表されました。
ところが、石油資本経済を護る人たちのお影で、
最大の「大間違い」を犯してしまいました。
でも、私は、デザイナーが「明確な回答」を期待しました。
しかし、テスラ車自身の影響で自動車は「歴史の大失策」を
行ってしまいました、
「ドローン」を日本が発想できなかった。
日本人として、デザイナーとして、本当に無念だった。
それ以来に「EV車」は、これまでの車形態を踏み台にしていること、
大きな新たな失敗であると、私はデザイナーとして悔やんでいる。
まず、精密機械から「全固定電池」とモーター、キピタル以外は、
扉が無い、空気タイヤでもない、WiFiであることなどがある。
車体設計は「より新鮮」であるカーボンで出来上がることが
「EV車」の設計には、大きなテーマがあるはずである。
これらを、私自身が提案していくことを誓っているのです。


tag: 30年, EV車, WiF, キピタル, テスラ, テーマ, ドローン, モーター, 全固定電池, 回答, 大失策, 大間違い, 失敗, , 新鮮, 明確, 期待, 歴史, 無念, 発想, 石油資本経済, 空気タイヤ, 精密機械, 誓う, 車体設計


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 水曜日, 4月 6th, 2022 at 3:20 PM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.