kazuo kawasaki's official blog

『アインシュタインの大きな科学誤謬で!』





アインシュタインがエネルギーを20世紀で発明したのです。
特殊相対性理論、一般相対性理論、ほとんどが分かりません。
この違いは、おそらく、たった1%だけが知っています。
彼が、本来はナチス・ヒットラーでサインをいれました。
米国大統領のルーズベルトが「戦争を変えました」。
ほとんど人が理解もしていない質量・光速・重力・加速度で、
E=mc2に変えました。
位置エネルギーでの二つ、
特殊相対性理論・一般相対性理論を変えて、
ノーベル賞で湯川秀樹博士を推薦をしたのです。が、
湯川博士に「沖縄はじめ日本を戦争が変えたこと」を、
そこで、湯川博士に「泣いて謝り」ました。
日本は、東南アジアでは陸軍が、
東南アジアを植民地から「独立」しました。
決して、戦争は変えませんでした。
日本人は米国大統領ルーズベルトを知っています。
科学での大きな誤りを、アインシュタインの科学式に、
アインシュタインがその後も彼は「科学」を「倫理」として、
守ったのです。
本来なら、「プーチン戦争」は、
「プーチンは戦争犯罪人」ですが、米国には盾突いています。
だったら、日本は「平和」のために、
世界を主導出来ますが、現在の政権ではやれません。


tag: 1%, 20世紀, E=mc2, アインシュタイン, エネルギー, サイン, ナチス・ヒットラー, ノーベル賞, プーチン戦争, ルーズベルト, 一般相対性理論, 世界, 主導, 位置エネルギー, 倫理, 光速, 加速度, 大きな誤り, 平和, 戦争を変え, 戦争犯罪人, 政権, 日本, 東南アジア, 植民地, 泣いて謝り, 湯川博士, 湯川秀樹, 特殊相対性理論, 独立, 現在, 理解, 発明, 盾突, 科学, 科学式, 米国, 米国大統領, 質量, 違い, 重力


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 水曜日, 4月 13th, 2022 at 8:30 PM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.