kazuo kawasaki's official blog

『資本主義からの逃走』
「 何がMedia Integrationとなるのか・4」




Qというアルファベット、
その文字としての変遷は、とても興味深くて、
変遷しながらも意味が普遍だったことに注目すれば、
QuantityやQuality、そしてQuestionにつながっている。
無論、ヒエログラフでは砂丘の斜面であり、
発音もローマ字q(ku)と同じだったらしい。
精子や水が形態的には、テールに表れています。

この発音はシュメール語に由来があるのかどうかは不明。
しかし、ヘブライ文字、フェニキア文字、エトルリア文字では、
斧であり、「切断」の概念を意味していると言われている。
切断は、人間が叡智に到達するために、
自己がどれほど自らを孤立させ、
その孤高さを受け入れるかという象徴性があります。
この「叡智」を意味することから、
IQ=Intelligence Quotientに明快に表れています。
それでは、なぜ、
QuestionやQuantity =量・Quality=質に至っているのかは、
量と質は、「度・量・衡」に集約しています。
度・量・衡
qがquintalという重量単位であったり、
Q-ValueやQメーターなどの名称とその機能性の中核は、
明らかに、人間の叡智だと考えます。
たとえば、すでに伝統的な映画「007」での
Qという人物は、発明家として重要な登場人物です。

Mediaにとって、「度はどのようなIntegrationなのだろうか?」
Mediaにとって、「量はどのようなIntegrationなのだろうか?」
Mediaにとって、「質はどのようなIntegrationなのだろうか?」
Mediaにとって、「衡はどのようなIntegrationなのだろうか?」

以上を、私は念頭において、
「度量衡」がデザインにとっての叡智尺度であることへ
私の思考を続けていきたい。


tag: 007, integration, Intelligence Quotient, IQ, KazuoKawasaki, ku, Media, Q, Q-Value, quality, quantity, Question, quintal, Qという人物, Qメーター, エトルリア文字, シュメール語, テール, ヒエログラフ, フェニキア文字, ヘブライ文字, ローマ字, 不明, 切断, 叡智, 叡智尺度, 孤立, 孤高, 川崎和男, 度・量・衡, 度量衡, 形態的, 文字, , 概念, , 由来, 発明家, 登場人物, 砂丘の斜面, 精子, 自己, 象徴性, 資本主義からの逃走, , 重量単位,


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 木曜日, 5月 6th, 2010 at 12:01 AM and is filed under 025「Media Integration」, 資本主義から逃走せよ!. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.