kazuo kawasaki's official blog

『資本主義からの逃走』
「三大観念の世界観を!」



五大
私は、現代21世紀も10年、ワンディケードに入りました。
そして、私が明確に意識しているのは、三つの世界観です。
世界観という観念が三つあるということです。
仏教における五大思想のような象徴であり、焦点です。
仏教での五大というのは、
■ 地・地球であり大地
■ 水・海や川で流れる変化変相
■ 火・燃え上がる情熱
■ 風・自由性や成長
■ 空・天空・無
この五つの要素や要因を掲げて、
これが世界と人間界の実存と伝えられてきました。

三大
中国の五行思想=木・火・土・金・水と混同されますが、
世界観への人としての、
自分の存在を自己納得させる要素要因の観念としては
同等の思索軸だと私は理解しています。
そして、現代、この世界観念の軸・象徴を掲げるなら、
まさに、かつての三大=火・水・地は、
■ 物質
■ 情報
■ エネルギー
この三大観念と具体が世界観と考えます。
果たして、この三つの要素・要因の具体性は、
● 物質というモノの体系
● 情報というコンピュータとネットワーク体系
● エネルギーという具体的な電力やエネルギー源体系
こうしたことに集約して、現代世界観念をまとめることができます。

経世在民へのエネルギー
この三大世界観を、人間社会の能動性や効率性に、
「経世在民」が覆い被さっていると考えることができます。
私が、この現代三大世界観に、
これまでの「経世在民」の基盤である「資本主義」、
そして「民主主義」を照合していかなければならないと考えています。
世界観の変貌性は劇的で瞬時です。
少なからず、
「情報」世界観が、iPadなるモノの出現でどれほど変貌していくのだろうか、
そんなことを記してきました。
たかだか、iPadという製品です。
それでも、この製品からの体系=アプリケーションから、
日常的なユーザビリティのダイナミックスです。
ところが、それ以上に、私たちが直視しなければならないのは、
「エネルギー」へのまなざし、
そのあり方になっていくでしょう。


tag: 21世紀, iPad, まなざし, アプリケーション, エネルギー, エネルギー源体系, コンピュータ, ダイナミックス, ネットワーク体系, モノの体系, ユーザビリティ, ワンディケード, 三つの世界観, 三大, 三大世界観, 三大観念, 世界, 五大, 五大思想, 五行思想, 人間界, 人間社会, 仏教, 体系, 具体, 劇的, 効率性, , 地球, 変化, 変相, 変貌性, 天空, 実存, , 思索軸, 情報, 情熱, 成長, 民主主義, , , , , 焦点, 照合, 物質, , 経世在民, 能動性, 自己納得, 自由性, 製品, 要因, 要素, 観念, 象徴, 資本主義, 電力,


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 金曜日, 5月 21st, 2010 at 12:53 AM and is filed under 029「 三大観念=物質・情報・エネルギー」, 資本主義から逃走せよ!. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.