kazuo kawasaki's official blog

『資本主義からの逃走』
「常識語なのに真意と原意知らずはコンセプト=方針を誤る!」



福祉
「福祉」という言葉です。
私は行政とは、街の活性化や産業関連、
そして、「福祉行政」へのアドバイスも随分長く携わってきました。
当然ながら、「福祉って何ですか」という、意地悪な質問をしてきました。
ほとんど、「福祉は福祉でしょう」とか、
「貧しい人や弱い人達を分け隔て無く行政サービスすること」です。
これなどは辞書にもそう定義されているから、常識なのかも知れません。
しかし、原意に立ち戻ると、その言葉が存在しなければならなかった理由や、
真意に照らし合わせれば、
「福祉サービス」の意味と意義が見えてくるはずと考えてきました。

福祉の原意
「福祉」には、『ネ』=しめすへんが二つの漢字に入っています。
これは福祉サービスをする主人公だと考えることができます。
というよりも、漢字の形象から『ネ』は「神様」を表しているとの解釈があります。
つまり、「福」は、神様が壺を抱えています。
しかも、その壺には財宝や食べ物が一杯入っていて膨らんでいるということです。
また、「祉」は、止は足跡だという解釈です。
ここから「福祉」の物語が始まるのです。


貧乏だけれど、懸命に、正直に働く家族が居ました。
しかし、貧乏だったので、食べ物にも事欠き、
寒いボロ屋住まいでした。
それを見ていた神様は、まるでサンタクロースのように、
食べ物やお金でいっぱいに膨らんでいる壺を持って、
その家に出かけるのです。
雪が降っていました。
その家の玄関、軒先にその壺を置いて帰っていくのです。
家族は、朝、その壺を見て驚くのです。
さらに、雪の上には足跡が残っていたのです。


これが「福祉」の原意だと解釈されました。
しかし、この物語を知る人が少なくなってしまいました。
むしろ、知らない人が圧倒的に多いはずです。
だから、みんなが平等に幸福に=福祉ではありえないのです。
福祉=幸福という意味は、意訳としては成立します。
要は、「懸命で正直な人」が見つけ出されて受け取ることができるのです。
これが真意ではないかと思うのです。
平等主義に福祉というのは、民主主義?社会主義?と、
私は思ってしまうのです。
私が現代日本、政権交代によっての「福祉サービス」は、
根本が間違っているのではという原意からの懸念があるのです。
人類は、全ての人々が「幸福」になる権利があることは確信しています。
デザインの本質的な目標も、「みんなの幸福」の創出です。
しかし、原意である「懸命さや正直さ」への神様からの贈り物ということになれば、
「福祉サービス」の方針設定=コンセプトは再考すべきことだと考えます。




tag: 「資本主義からの逃走」, コンセプト, 原意, , 常識語, 平等, 幸福, 懸命さ, 正直さ, 民主主義, 活性化, 物語, 社会主義, 神様, 福祉, 福祉行政, 贈り物


目次を見る

2 Responses to “『資本主義からの逃走』
「常識語なのに真意と原意知らずはコンセプト=方針を誤る!」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:24 AM on 7月 27th, 2016

    [...] * 「身障者・差別用語タイトルの絵画」 * 「常識語なのに真意と原意知らずはコンセプト=方針を誤る!」 * 『ユニバーサルデザインの原意』 [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:05 AM on 3月 20th, 2017

    [...] *「風土とゲマインシャフトがグローバルへ」 * 「常識語なのに真意と原意知らずはコンセプト=方針を誤る!」 tag: お役人, デザイン戦略, デザイン戦術, メタファー, 予讃消化, 企画, [...]


This entry was posted on 金曜日, 6月 4th, 2010 at 1:27 AM and is filed under 030「情報としての日本語」, 資本主義から逃走せよ!. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.