kazuo kawasaki's official blog

マルイチセーリング 新商品発表会・
テキスト データ-1

Mythology from an Efficiency
WAVELET RESPECT
Carbon Fiber


Carbon Fiber素材の性能とかたち

炭素繊維は日本で発明された「軽くて強い」素材です。
鉄と比較すると比重は1/4で「軽い」、また比強度は10倍で比弾性率は7倍であり「強い」、この性能を利用します。
「性能」とは、性質とその能力のことです。したがって、耐摩耗性、耐熱性、熱伸縮性、耐酸性、電気伝導性は素材の中でも大変に優れています。
この高い市場価値の一方で、炭素繊維リサイクルの技術は高コストであるため、環境保全と経済合理性が求められています。
この持続可能性への問題は、普遍的な価値をめざすモノづくりでその素材性能を活かすことができると考えています。
そこでデザインは、「座る」かたちとしてイス=身体保護と、ソファー=身体抱擁を組み合わせた使用感を、50年、100年と何代にも世代間を通して変わらない永続性のある軽い、強い、美しい所有感を実現しています。
製造や加工には、難易度の高い技術である切断と折り曲げツールの技法に企業の叡智と技術を注いでいます。
日本の先端的素材を、職人が完成まで1枚1枚技術と時間を重ねてできる手作業で完成させています。
折り曲げツールとしてのWAVELETは、周期性を持つ波動が空間を伝播する現象を実体化するデザイン造形です。
普遍性をめざした自然的、数学的、美学的なデザインアプローチは、イス(身体保護)+ソファー(身体抱擁)の新しいかたちWAVELET RESPECTとなっています。