kazuo kawasaki's official blog

Posts Tagged ‘としてのデザイン’


4月10日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     4月 10th, 2021  Posted 12:00 AM

4月10日 赤口(戊子)

『誌論としてのデザイン』

形に
機「能」と
「心=精神」が
見えてくるまで
没頭しなければならない。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

4月9日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     4月 9th, 2021  Posted 12:00 AM

4月9日 大安(丁亥)

『誌論としてのデザイン』

「かたち=形態」
という目安がつくまで、
この作業は
続けなければならない。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

4月8日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     4月 8th, 2021  Posted 12:00 AM

4月8日 仏滅(丙戌)

『誌論としてのデザイン』

それは
記述されることのなかった
「かたち」を
読みとる労苦に
耐える作業となるだろう。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

4月7日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     4月 7th, 2021  Posted 12:00 AM

4月7日 先負(乙酉)

『誌論としてのデザイン』

したがって、
記述された歴史を
検証するためには、
生活誌を丹念に
収集することであろう。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

4月6日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     4月 6th, 2021  Posted 12:00 AM

4月6日 友引(甲申)

『誌論としてのデザイン』

記述された歴史から、
このアドバイスを
つかむのは
至難のわざと言えよう。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

4月5日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     4月 5th, 2021  Posted 12:00 AM

4月5日 先勝(癸未)

『誌論としてのデザイン』

歴史が
それも気まぐれに
教えてくれるのは、
未来を展望できる
見晴らしの場所を
不要意に
口をすべらした時
だけである。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

4月4日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     4月 4th, 2021  Posted 12:00 AM

4月4日 赤口(壬午)

『誌論としてのデザイン』

未来が
歴史から見えるとは
言いがたい。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

4月3日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     4月 3rd, 2021  Posted 12:00 AM

4月3日 大安(辛巳)

『誌論としてのデザイン』

「かたち」の創出に
理想を掲げるデザインが、
歴史に飛び込まなければ
ならないのは、
この操作と
闘争するためである。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

4月2日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     4月 2nd, 2021  Posted 12:00 AM

4月2日 仏滅(庚辰)

『誌論としてのデザイン』

しかし、
この「かたち」にも
歴史が襲いかかるとき、
「かたち」の出現
そして消尽も、
どこかでだれかの
操作に委ねられて
しまうものだ。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

4月1日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     4月 1st, 2021  Posted 12:00 AM

4月1日 先負(己卯)

『誌論としてのデザイン』

そして、
「かたち」は
歴史のなかで
現前と消滅を
繰り返すことで、
生活の期待と
希望を育んできた。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

1 2 3 4 5 6 ... 28