kazuo kawasaki's official blog

Posts Tagged ‘デザイナー’


1月9日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     1月 9th, 2022  Posted 12:00 AM

1月9日 赤口(壬戌)

『転位としてのデザイン』

時代と社会にとって、
何を
転位させるべきなのかを
デザインの自問自答を
技術に強要する
必然があることを
デザイナーは
覚悟しておかなかれば
ならない。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

12月29日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     12月 29th, 2021  Posted 12:00 AM

12月29日 赤口(辛亥)

『冒険としてのデザイン』

デザイナーが
まず自分の夢を
宣言すること。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

12月26日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     12月 26th, 2021  Posted 12:00 AM

12月26日 先負(戊申)

『冒険としてのデザイン』

デザイナーが
夢と直面することは、
デザイナー自身が
自分を直視する勇気を
喪失していることである。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

12月23日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     12月 23rd, 2021  Posted 12:00 AM

12月23日 赤口(乙巳)

『冒険としてのデザイン』

夢を
デザインで
語り尽くすことは
デザイナーの
最大の使命で
なければならない。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

11月5日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     11月 5th, 2021  Posted 12:00 AM

11月5日 仏滅(丁巳)

『下学としてのデザイン』

物質と情報を
モノの体系と
コトの体系との
相対性であると考えれば、
そこには、
インターフェース・
インターラクションの
デザインが
デザイナーの
新たなテーマに
なっていることは
明確である。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

11月4日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     11月 4th, 2021  Posted 12:00 AM

11月4日 友引(丙辰)

『下学としてのデザイン』

この質問は、
デザイナーに限らず
一般の人にとっても
大きな疑問と
なっている。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

11月2日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     11月 2nd, 2021  Posted 12:00 AM

11月2日 赤口(甲寅)

『善意としてのデザイン』

「善意としてのデザイン」
とは
デザイナー自身が
どれだけの善意を
受けたかという経験の
反映だと思う。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

10月6日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     10月 6th, 2021  Posted 12:00 AM

10月6日 先負(丁亥)

『力学としてのデザイン』

かたちの変遷の
運動の意識化は
デザイナーの課題に
すべきだろう。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

9月27日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     9月 27th, 2021  Posted 12:00 AM

9月27日 仏滅(戊寅)

『選定としてのデザイン』

作品主義としての
デザインと
商品主義との
分別を
デザイナーは
「選定としてのデザイン」
によって、
核心的で
確信的な
デザインアスペクトに
していくことは
大切だ。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

9月24日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     9月 24th, 2021  Posted 12:00 AM

9月24日 先勝(乙亥)

『選定としてのデザイン』

ただし、
その選定の評価基準を
デザイナー自身が
よく吟味しておくことは
大切である。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

1 2 3 4 5 6 ... 64